身体に辛い痛みを感じたくないなら敷布団選びが重要

健康維持のために必要

女の人

女性ホルモンは非常に大切なものですが、加齢と共に減少する傾向にあるので、このホルモンを増やすことを考える必要があります。女性ホルモンを増やす方法としては、自分でできるものから病院で受ける治療までさまざまなものがあり、食品で増やすことも可能ですが、その場合は生活習慣の改善を行うことも必要です。

もっと見る

上手に使って健康的に

女性

遠赤外線には体を十分に温める効果があり、うまく応用することで様々な効果を期待することが出来ます。そのため健康を意識したい方には特にオススメです。しかし使用にあたっては注意点もあるので、治療器の説明書をしっかりと読みましょう。

もっと見る

身体の痛みは寝具で改善

ウーマン

身体に痛みはないですか

腰痛や首の痛みに悩んでいる人は寝具の見直しが必要です。使用している寝具が身体に合わない場合、朝起きるときに痛みですぐに起きることが出来ないことも出てきます。値段が高ければよいというのではないですが、ある程度の値段がするものは、使う人にとってより良く作られているということは否めません。寝具は、マットレスや敷布団は高額な買い物になりますので、じっくりと選ぶことが大切です。寝具売り場などでお試しコーナーがあるベッドなどに実際寝てみるのがおススメです。敷布団は硬さや、厚さ、手触り、保温性などもしっかりと吟味する必要があります。腰痛に悩まされている人は、厚みがあってふわふわしたタイプのものより硬めで薄いものが腰に負担がかからず良いようです。

最適な寝具とは

特に腰痛など気にする必要のない人は、自分にとって最適なものを選びましょう。ベッドで寝る人は、マットレスやベッドの幅や高さ、マットレスの上に敷布団を置くかシーツだけにするのか、好みと照らし合わせながら考えましょう。睡眠の質を高めてくれるものはやはり高額になりがちです。上質の寝具は横になったとたん寝てしまうことがあるくらい寝心地が良いものがあるようです。ベッドに入ってすぐに眠りに落ちることが出来れば、一日の疲れも吹っ飛びますね。枕や掛布団、敷布団、毛布なども質の良い睡眠に欠かせないものです。羽毛布団が推奨されることが多いですが、羽毛布団は軽くてあたたかなので、オールシーズン使えるという利点と、畳むのに力が必要なく扱いやすいからでしょう。

高反発のマットレスを

寝室

低反発マットレスを利用しているのに腰痛があると嘆いているなら、高反発マットレスに切り替えてみましょう。高反発マットレスは、睡眠中でも堅さを保つことで腰痛を起こりにくくしてくれますので、起床後の嫌な痛みを軽減してくれます。

もっと見る